FC2ブログ

プレゼントする人をイメージして。
何かを作り出すことは楽しい。プレゼントする人をイメージして作ってみました。

自分が得たスキルを人に伝える。
父母会とシオリ先生がメイクレッスンをしてくれました。バレエは髪を整える、メイクをする、トウシューズの紐を縫うなど沢山やらなければならないことがあります。みんなが出来るようになればいい。本当に丁寧に教え、伝えて下さりありがとうございました。私は人に自分の得たスキルを惜しみなく伝えることの大切さを今日は改めて教えてもらいました。

サッカー原口元気選手。
テレビをほとんど見ない時期が続いたが、最近夜見るようになった。今日NHK『アスリートの魂』で、サッカー選手の原口元気選手、『走り抜く信念。』を見た。印象的だったのは、ある相手チーム選手とボールを競り合った時、上には上がいると思った時、『嬉しかった。こういう場面をもっとやって(自分は)伸びて行くんだ。』と、言った事。

わかりやすい。
中学生、高校生が読むといいかな。自分の身体の事に、もっと関心が出て来るかもしれないね。

エアー プランツと多肉植物。
真ん中のガラスに入っているものは菜月ちゃんから誕生日にいただいたフェイクの多肉植物、エアープランツは今完全にブームが来ている。フェイクの物も本当にリアルな物がある。夏に向けて更に出て来るだろう。これらに加えてサボテンも。

BON JOVI
3時に稽古が終わってから9時まで教室にいた。ぼんやり考え事をしながら片付け。こんな時は時間を意識していない。かなりの仕事をしている感覚が無い。8時頃に音楽を聴こうと1枚CDを選んだ。『GREATEST HITS BON JOVI』題名の通り一曲も外しが無かった。

順ちゃんの赤ちゃん。
首が座るのを待って順ちゃんが赤ちゃんを連れて来てくれました。男の子です。順ちゃんはバレエ教室の初めの頃の生徒さん。いろいろと話せて嬉しかったです。また赤ちゃんの成長を見せに来てね。

みつば、アスパラ。
庭のみつば、大きくなり過ぎた。でも卵とじにして食べたら本当に美味しかった。みつばが多過ぎてみつばとじ。アスパラは父が育てたもの。新玉ねぎと調理。

サエちゃん。
大学生になったサエちゃん。昨年9月の発表会から7ヶ月。またバレエに戻って来ました。目一杯学生の間に稽古して欲しい。高校生の時には感じられなかった何かがあるはず。頑張って欲しい。変化して行くサエちゃんが見たいです。みさちゃん、なっちゃん、サエちゃん、他のみんなも私も、続けて来た事や仲間は本当に大事。それを忘れないで。

みさちゃん、なっちゃん。
みさちゃん、なっちゃんも同級生。みさちゃんはドンキ、なっちゃんは黒鳥のグランを踊って卒業した。帰郷する時にはかなりの頻度でお母さん達とも一緒に会っている。今日はなっちゃんが稽古に来てくれた。後輩達も嬉しそう。飛行機の国際線に乗り仕事をしているなっちゃん。稽古をしているなっちゃんは高校の時と変わらない。みさちゃんは東大病院に勤めながらバレエの稽古を続けている。2人共良い意味で本当に変わらない。親元を離れて1人で頑張っている。大変な事もあるだろう。次に帰って来る時は一緒でも楽しい。(私が。)

赤ちゃん。
3歳になる頃までは本当に大変。初めての子ならなおさら。でも、赤ちゃんは幸せを周りの人にくれる。

話した。
息子が必死に誠実に私に訴えて来た。自分自身に対する私の指導について、感じている事を。『出来ていない事を普通に何回も辛抱強く指導してくれれば自分は直せる人間なのに自分に対する指導は方向が違う。』と、言ってきた。それに対して1時間ほど話し合った。私が教えられることは、私の側にいる間に心と身体の癖を直す事、誰に指導を受ける事になってもこの子に教えてあげたいと思って貰えること。などを伝えた。明日から少し変わろうお互いに。親子だからむずかしいこともあるよ。

移住。
この頃、移住、こねないパン、ハーブティーの情報がたくさん入って来る。『生きる力。』という言葉とセットになって。よし、こねないパンに挑戦してみよう。

高橋清。
おじちゃん、おじちゃんと小さい頃からのお付き合い。母の友人。私が絵を描くようになったのはおじちゃんの影響。油絵の表現とまた違ったおじちゃんの一面。振り幅の大きい画家。近くに住んでいたらたくさんの事を教えて欲しかった。まだ間に合うかな。会いに行こう。

沖正弘先生。
母はヨガも教えていた。たくさんの生徒さんがいた。本棚にはたくさんのヨガ関係の本があり私は本が大好きだったため興味のあるヨガの本は繰り返し何度も読んだ。中でも沖正弘先生の本は腑に落ちるというか、子供ながらにこの方はきっと本物だと感じた。

サクランボの木に花。
桜は終りの時期となり、今はサクランボの白い花が咲いています。地面には美しい青、まだ咲いている菜の花の優しい黄色。

今日の1冊
『なぜ、腰痛なのに足をもむのか?』知りたくなりますね。

新たな1年
お正月は新たな1年の始まり。誕生日も新たな始まり。生まれ変わったつもりで生きてみよう。

今日も1冊
ソーラークッカー、太陽の熱で調理が出来る道具の事など興味深く、楽しく読みました。ソーラークッカー使ってみたいです。

タンポポ
瑞々しい黄色、グリーン。私に大事な1枚を与えてくれた。

植物と言えば。
友人のお母さんはバレエの先生。生徒さん達が掃除を適当にしたり、教室にある植物にお水をあげなかったりしたらかなり厳しく叱ったらしい。分かる。植物は生きているから。あなたが喉が渇いたらお水が飲みたいと同じ。植物に光を当ててあげたいと思う感性無くして舞台に立つな、芸術はそういう感性が大切という教え。掃除もそう。感性を磨く大切な行動。生徒さん達を見ていて、やはり、そういう事に気付きがある子が人にも最終的に大事にされる。自分の踊りばかりでは人にも応援されない。鈍感な感性は残念で悲しい。

みどりのゆび
阿川佐和子さんが雑誌に書いていて初めて知った童話。『みどりのゆび』作者はモーリス・ドリュオン。主人公の少年が、触れるとどこにでも花を咲かせる『みどりのゆび』を持っており、世界中の悲しい場所に緑の芽を出させ、希望と幸福をもたらしていく物語らしい。読みたい。

髪を切る。
もう家族の髪を切ることは終り。そう思っていたが、今日も切ってしまった。しかもカットスキルが上がっていた。上達すると楽しくなる。最初に母の髪をカットをした時にその事に気が付き、次に自分の髪、そして息子の髪を仕上げた。嬉しかったのは母と父が喜んでくれた事。もうしばらく切らせてもらおう。

育った。
2月17日に頂いて来たガラスの瓶たち。その中で植物が根を出し、小さな芽も出て来ました。

食べました。
育てていたニンジンの葉をトマトの上にのせて食べました。昨日は庭の三つ葉、今日は教室の庭のフキをいただきました。ご近所から頂いた春菊はスープで。

大阪のおじいちゃんから頂いた。息子が以前、おじいちゃんに『どら焼きが好き。』と伝えてからどら焼きを送って下さる。愛情一杯。

今は人生の中でどんな時?この素敵な時計はナオコちゃんから頂いた。子供たちに使う時間は本当に大切。ナオコちゃんは4人の子供たちのお母さんであり、4人分のマネージャーでもあると思う。他のお母さん方もそうだと思う。自分の時も大切に出来たらいい。

小さな、小さな花。
教室の庭に咲いていた小さな、小さな花。

質問出来る子。
さつきちゃんは稽古中に解らない事があると必ず質問してくれます。質問出来る子はなかなかいない。解った振りをすると成長のチャンスを逃します。自分流に解釈してしまうのも同じです。沢山質問して下さい。

中学生になった。
今日は息子の入学式。初めて詰め襟の学生服を着て式に。息子だけでなく同級生達の成長ぶりが心から嬉しい。同級生達のお父さん、お母さん達といろいろと話せた事も嬉しい。『若き友、ここに集えり。』どの子にとっても素晴らしい3年間になりますように。
Copyright © アーティスト平林美奈子の   インスピレーションブログ. all rights reserved.