FC2ブログ

寂しくさせない生き方
もしかしたら、悲しさ、寂しさを本能的に知っている人ほどそう見えなくても強くて優しいのかもしれない。人を寂しくさせない生き方が出来るようになりたいな。

人にはその人の生き方がある。
人にはその人の生き方がある。自分の中では『どうして?』と思う事があったとしても、その人の中で決めた事なら見守るだけでいい。なかなか出来ない、ましてや近しい人ならなおさら。でもさよならでは無いから。

素晴らしい、藤城清治氏。
92歳。誰でも一度は目にした事がある作品、影絵作家と言えば分かりますか?今日買った雑誌にあった氏の言葉。『主役は観客。創作とは人々を喜ばせ、心を解放するものをつくること』山梨県の昇仙峡では藤城清治氏の作品をたくさん見る事が出来る美術館があります。

シンプルな道具。
毎晩本を読みながら手足のマッサージに使ってます。たまに忘れることもありますが、木で出来ていて使いやすいのが気に入っています。可愛いフォルムです。道具はシンプルな物がいいですね。頻繁に使えない物は良い物でも自分の生活に合っていないのかもしれないです。

ローラン・プティ 天才。
何をもって天才と言うのか?もしかしたら『真実に一番近い』からかもしれない。プログラムの中で語られているプティの言葉。『私のコッペリアでは、関係は同等であり、一人のヒロインではなく三人の主人公がいる。そして、そこから、ホフマンその人の詩法に近づけると思うのである。』作品はまさにこの言葉のままでした。ローラン・プティ 天才。この日の配役はコッペリウスにルイジ・ボニーノ氏。私の席の斜め前には評論家の山野博大先生。先生とお話しした中で年間340舞台ほど観ていらっしゃる事が分かりました。プロです。この写真は新国立劇場、山梨県からだと高速を降りてすぐなのでぜひ興味のある方は一度どうでしょうか?

バレエだけでは無く。
浜松での会議の中で佐藤典子先生が『表現したいものがあり、それが動きになる、それが原点。』と強くおっしゃいました。作品を作ってきた方の言葉は深い。『舞踊詩』作品を創作出来る舞踊家達との会話は非常に豊かです。何故なら、『言葉に出来ない想いを現したくて』日々作品やダンサーと向かい合っている人だからです。バレエだけでは無くミュージカル、オペラ、絵画、オーケストラ、合唱、写真、何でも触れてみて下さい。ダンサーなら、作り手の目からみてぜひ自分の作品の中で踊って貰いたいと思われる感性豊かなダンサーを目指しましょう。

浜松でもカランコエ フラップ ジャック
今日の会議の場所にいました。

浜松で会議
いつもなら大阪で行われる全日本洋舞協会理事会が、今日は浜松で行われました。静岡は大きな県。新幹線が止まる駅がいくつもあります。浜松は音楽、楽器で有名です。新幹線を降りた場所にピアノ。久々にお会い出来た大阪の辻本先生と澤田先生と一緒に帰り駅前のお店でうなぎを食べる事が出来ました。こうして会って話をすることが大事なんです。私の身体を心配してくれていてこうして会えた事を心から喜んでくれました。坂見先生は北海道から、佐藤典子先生のお元気な様子も私にとってはとても嬉しいことでした。下2枚の写真は澤田先生が撮ったものです。

変化する
飛行機雲、初めは直線。次は左側、そして右側。変化して行く。初めは同じ直線。

春が来た。
ふきのとう、梅の花。1年ぶりに深く吸い込んだ梅の花の香り。そして、ふきのとうの味。私は梅の花の香りが大好きで、今の季節、天気の良い日には欠かさず胸いっぱいに吸い込んでいます。

月や星を眺める。
スマホを見続けたり、1日に何時間もテレビを見たり、ゲームをしていたら視力が落ちるのは当たり前。逆の事をやれば良いのかも。今ストレートネックで苦しんでいる人も増えている、空を見上げることは良いのかもしれない。ただただ夜空を見上げ月や星、流れる雲を見続ける時間にはロマンがある。

コッペリア
『恋することの喜びと 愛することの哀しさを。』
そうか、コッペリアはこれがテーマでした。喜びまでは分かっても舞台で哀しみまで伝わってくる舞台はまだ私は観ていない。コッペリウスが大事です。素晴らしいテーマです。観に行きます。

どんなことでも。
ドッジボールでも、鬼ごっこでも、真剣に取り組んだ方が楽しい。ピアノでも、習字でも、バレエでも真剣に取り組んでいるといろいろと楽しい事がみつかる。全て真剣な遊び。何でも振り切りれるほど、がむしゃらにやってみたらいいよ。これからの時代はどうなるのかな?今からタフで自由な発想が出来る自分に自分を鍛えよう。

斎藤一人さん。
一人さんの著書の中に、『人間って、自分の地を出して、好かれる人間になること。地を出して好かれる人間になるために、オレたち生まれてきてるんだよ。』とありました。核心。

しっかりしている。
朝の稽古に行こうと支度している時『バスに乗り遅れて今〇〇にいます。この電話はここに居るおばさんから借りてかけてます。』すぐに迎えに行った。電話を貸して下さり見守ってくれていたのは焼き芋を焼いて売っていたご夫婦。ありがとうございました。焼き芋甘くて美味しい、安い!迎えに行ったおかげで、皆で焼き芋を食べる事が出来ました。ともちゃん見直したよ。凄くしっかりしているし、物怖じしないキモの強さを感じました。明日また焼き芋を買いに行きます。

姉妹
お姉さんの方が妹の髪の毛をバレエのレッスンの為にまとめてきたらしい。『15分もかかった。』その顔からは本当に大変だったであろう様子が伺える。いいお姉さんだね、さつきちゃん。

ニンジン
植物は凄いですね。とても可愛い葉が出て来ました。

舞台を観る。
舞台は非日常の世界。このところ私の周りではバレエやオペラを観ることの喜びが分かって来た人多数。良い舞台は心の栄養。自分でお金を支払い、足を運びその世界に身を浸しましょう。息子は小百合ちゃんに今日は連れて行って貰えました。良かったね。美優ちゃん写真をありがとう。ヒゲは要りません。

人は平等に年をとる。
アンチエイジングが流行った。年をとることに逆行出来るのでは無いか?無いです。そんなに若くいることが素晴らしいのだろうか?老いを遅らせることは出来るかもしれないが逆行は出来ない。痩せることは出来るかもしれないが若くはならない。平等。

ガラスびん。
『ガラスびん』は小さい頃から好きだった。ローズマリーなどを切って水に浸けておくと根が出てくる。何本も根が出てきたのでガラスびんを買いに行こうとしていたらお世話になっているファミリーマートさんに沢山の未使用のジョッキが『差し上げます。』と、置かれていました。どっしりと重量感がありシンプルで綺麗。ありがとうございました。

やってみたらいいよ。
身体の不調、何でもやってみたら良い。 痛みは辛い。いろいろ試そう。私も腰から来る足の痛みを直そうといろいろやってます。自分の身体で試し、良ければ生徒さん達に伝えます。これをやれば治る。そうではない。運動も食べることも、精神状態も。人間はバランス。いろいろな情報がある。これを食べれば良い。あれをすればいい、それだけすればいい方法はバランスが悪いかもしれない。今日の本は筋膜。最近認識されてきました。読んでみてね。

ひらりん
私の中学時代のニックネームはひらりん。『ひ』は広がり。『ら』は光の意味があるそうです。タイラバヤシカヒラリンカイチハチジュウノ、モクモク。ヒトツトヤッツノトッキッキ。中学の時にクラスメイトの男子が言った事、落語かな?おじいちゃんか誰かに教わったんだね。平林の字は1、 8、 10。 このニックネームを誰が付けてくれたのだろう?

パワースポット
今読んだ雑誌に山梨県、身延山久遠寺の『思親閣』は知らなかったのですが、パワースポットとして有名と今日読んだ本にありました。ここには日蓮聖人が母親から受けた大きな恩に感謝する言葉がいくつも書き残されているそうです。今日私は母と久しぶりにとても良い時間を過ごせました。一緒に日本髪を結う時に母が使った柘植の櫛を油で綺麗に磨いたのです。何か自分の中で腑に落ちたものがありました。神様はぴったりのタイミングでシグナルを送って来ます。人間はなかなか分かっていても出来ないもの。私もそう。母に対して今より少し理解して優しく。

頂いた物は自分の何かを現している。
沙也花ちゃんからチョコレートを頂いた。箱の花がとても綺麗。選んでくれたんだね、ありがとう。この花のようになりたいな。沙也加ちゃんの中にもこの花があるね。

ドラキュラ
佳子ちゃんからチラシが届きました。やるな佳子ちゃん。脚本を書いて、演出をして、主演してます。佳子ちゃんの右下にいるのは大ベテラン舞台監督の今津さん。山梨での公演にも来て頂いていた事があります。2人の才能があっての公演です。

金城幸政氏の本。
5万人の人生を変えた『心』の伝道師と表紙にあります。本当にそうだと私は思いました。金城氏の本の中に『人は素直になれただけで95%の悩みは解決する。』とあります。

バレンタイン
女子から好きな男子にチョコを渡す日から、義理チョコも出て来て、今は女の子同士で自分で作ったお菓子を交換するのが主流らしい。息子の小学校ではチョコを持って来るのは禁止。いつの時代も、少数男子にチョコが集中。土日と今日、私も生徒達からチョコを貰いました。レベルの高さに驚き。これはただ1人の高校生萌子ちゃん制作。『萌子ちゃん好きな男の子にあげるの?』即答で『いません。』よしよし。

カランコエ フラップ ジャック
彼女、いや彼?の名前です。カランコエって何だか懐かしい響きに聞こえます。植物とは長いお付き合いになります。自分が死んでも植物は多分生きます。最近花に木に話しかけるおばあちゃん達の気持ちが分かります。

今日の2冊
立ち読みして殆ど読み終えた。しかしこの2冊は買うべき本でした。

同じ被写体。
同じ物、同じ人なのに毎日違う魅力があるから。
Copyright © アーティスト平林美奈子の   インスピレーションブログ. all rights reserved.